クズ活日記

音楽を聴いたり山に行ったりしてモテを磨いています

陣馬山 頂上で夕焼けを堪能した日帰り登山 (H28.12.23)

日付を見てもらえればお分かりの通り去年のクリスマスイブイブa.k.a.天皇誕生日という記念すべき日に僕は陣馬山という山に登っている。実はこの登山は前々から計画していた登山ではない。前日に連休前という誘惑に負けて飲み過ぎたせいで、その日の午前中を二日酔いで潰してしまい「さて、午後どうしよう」ってなった時に思いついた登山だ。以前何かの雑誌で陣馬山で見る夕日が最高!という記事が頭の片隅に残っていたこともあって、登る山は陣馬山に決定。速攻で高尾駅から陣馬山の登山口に行くバスの時刻表を確認。14時過ぎにに陣馬山の登山口(陣馬高原下)に着くバスに乗れることを知ってダッシュで用意して高尾駅に向かった。我ながら決断早い。

高尾駅から陣馬高原下に向かうバスには僕以外に何人か乗ってる人がいたけど、みんな途中で降りて陣馬高原下で降りたのは僕だけだった。そりゃそうだよな、こんな時間から登るやつなんてただでさえ少ないのに、よりにクリスマスイブイブで世間は浮かれモードの日にわざわざ登山するやつなんていない。と寂しい気持ちになりながら一人で登山道へ向かう道をトボトボと歩き出した。

f:id:slow-jam_04:20161223141455j:plain

↑陣馬高原下バス停。茶屋などもあった。

あっけなく着いた陣馬山頂上

この日の行程。

陣馬高原下~登山口分岐~陣馬山山頂~(一ノ尾根コース)~陣馬登山口バス停~藤野駅

バス停を後にして15分ほど歩くと登山口に辿り着いた。すれ違う人は皆無で2,3台車とすれ違ったくらい。寂しい。

f:id:slow-jam_04:20161223143328j:plain

登山道は地面が根っこだらけで歩きづらかったけど傾斜は緩やかなものだった。根っこに苦戦しつつ黙々と登っていく。途中で頂上から下山してきたと思われる2人組にすれ違った時はちょっと嬉しかった。

f:id:slow-jam_04:20161223145019j:plain

f:id:slow-jam_04:20161223151027j:plain

登山口から50分ほど根っこに苦戦しながらゆるやかな傾斜を登っていくと陣馬山頂上方面と景信山・高尾山へ続く縦走コース方面への分岐に辿り着いた。陣馬山から高尾山へプチ縦走も一度はやってみたいな、なんて思いながら頂上方面へ。

f:id:slow-jam_04:20161223152230j:plain

分岐から先は地面の根っこもなくなり歩きやすい道になった。木々の隙間から下界の景色が見えるたびにテンションが上がっていく。歩くスピードもグングンと上がってきた所でいきなり頂上に辿り着いた。早っ。登山口から1時間で辿り着いた。

f:id:slow-jam_04:20161223152423j:plain

f:id:slow-jam_04:20161223152907j:plain

f:id:slow-jam_04:20161223153019j:plain

陣馬山頂上

陣馬山の頂上はとにかく広い。茶屋も3件ほどありベンチもいっぱいある。そして何よりも展望が素晴らしい。とても800メートル台の山とは思えないほどの大展望。アガる・・。

f:id:slow-jam_04:20161223153507j:plain

f:id:slow-jam_04:20161223154157j:plain

f:id:slow-jam_04:20161223155228j:plain

f:id:slow-jam_04:20161223155402j:plain

陣馬山名物、馬。ケツがちょっとエロくない・・?

f:id:slow-jam_04:20161223153650j:plain

これらの景色を見たらなんだか満足してしまった。頂上に着いたのが15:30過ぎ。日の入は16:30頃だ。あと1時間、頂上でぼっちで何をすればいいのか(頂上には俺以外に誰もいない)。茶屋もこの時間だから閉まっていたし、何よりも風が強くて寒かった。冬の山頂だから当たり前だけど。このまま下山するか1時間待って夕焼けを見るか、しばらく悩んだ挙句せっかくここまで登ったんだから1時間待って夕焼けを見ることにした。

日の入までの1時間はボーっと景色を眺めながら音楽を聴いていた。本当は茶屋がやってたら温かい珈琲を飲みながら夕日を眺めるという想像しただけで最高裁判所なシチュエーションだったんだけどまあ良いや。

↓聞いてた音楽。夕日ジャケ。名盤

Dusker

 

夕焼け

凍えそうな寒さの中、頂上でダラダラしていると次第に日が落ちてきて空がオレンジ色に変わってきた。日の出、日の入を待ってる時のワクワク感はいつだって素晴らしい。

f:id:slow-jam_04:20161223162139j:plain

f:id:slow-jam_04:20161223162630j:plain

そして日の入・・。

f:id:slow-jam_04:20161223162749j:plain

f:id:slow-jam_04:20161223162828j:plain

f:id:slow-jam_04:20161223163038j:plain

f:id:slow-jam_04:20161223163134j:plain

最高だしエモかった。そして寒かった。もうちょっと頂上に居たかったけど寒さが限界だったのと真っ暗になった状態で下山することにビビってしまったので、日の入を最後まで見届ける前に下山することに。

下山→藤野駅

下山は一ノ尾根コースを通ってJR藤野駅へ抜けるコース。頂上から登山口までは75分ぐらい。とりあえずビビりな僕は真っ暗闇になる前に下山したかったのでもの凄い早いペースで下った。

下山中も木々から見える夕焼けがとても美しかった。

f:id:slow-jam_04:20161223163813j:plain

f:id:slow-jam_04:20161223165223j:plain

そして真っ暗闇になってしまった。ヘッドライトを点けて下るけどやっぱり怖いわ。当然写真はありません。登山道を抜けて民家に辿り着いた時はかなりホッとしたよ。

f:id:slow-jam_04:20161223174354j:plain

17:45、陣馬山登山口に到着。頂上を出発したのが16:35頃だったから70分で下山できた。藤野駅まではここから25分ほど。藤野駅近くのトンネルがイカしてた。

f:id:slow-jam_04:20161223180622j:plain

f:id:slow-jam_04:20161223180652j:plain

完全に卵型。

藤野駅には18:10頃に着いた。夕焼けと冬の寒さを堪能できた良い山登りでした。おしまい。