読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズ活日記

音楽を聴いたり山に行ったりしてモテを磨いています

尾瀬 2泊3日ダラダラ一人旅 (1日目:H28.8.10)

計画

今回の旅の約3週間前に八ヶ岳(赤岳~横岳~硫黄岳)縦走を踏破していた(縦走中に携帯を紛失しているため日記は無しです。。)僕は、夏に2泊3日ぐらいでガチ登山では無くゆる~く歩けるトレイルのコースを探していたのですが、そこで尾瀬が急浮上。尾瀬って言ったらオバちゃんが集団でハイキングをキメてるっていうイメージしかなかった無知な私ですが、ネットで尾瀬の画像を漁ると湿原が広大でなんとも美しい光景がバンバン出てきてこれはもう行くしかないな・・!(単純です)となった。そこで尾瀬のトレッキングコースを調べ登山無しで2泊3日ぐらいでゆっくり歩けるコースを見つけ出し、8月のお盆が始まる直前の10日~12日に休みが取れたので『尾瀬ダラダラ満喫一人旅』を決行することになった。(どうせ都内にいても暑いだけだしね。。)

鳩待峠へ

前日仕事が終わったら速攻で用意して高崎まで行って前日泊。次の朝の始発で高崎から上越線(昔の東海道線みたいな車体だったな)に乗り沼田へ。沼田からは路線バスに乗って尾瀬の登山口を目指す。沼田からの尾瀬への登山口は鳩待峠と大清水があるが、今回は鳩待峠からアヤメ平を経て見晴に向かうため僕は鳩待峠へと向かった。路線バスは大清水行きのため途中の戸倉で鳩待峠へ向かうバスに乗り継ぎして合計でおよそ2時間ほどかけて鳩待峠に着いた。

初日の行程は以下の通り。

鳩待峠~横田代~アヤメ平~富士見小屋~見晴

尾瀬を調べると尾瀬ヶ原尾瀬沼がメインのようでアヤメ平に行く人は少ないらしい。人が少ない環境で尾瀬の自然を全身でダイナミックに感じたかったネイチャー系おじさんである私はアヤメ平はどうしても外せないと思い平日で人も少なめであろう初日にアヤメ平に行くことにした。

f:id:slow-jam_04:20160810093117j:plain

横田代~アヤメ平

横田代への道のりはひたすら森の中を歩くことになった。最初の緩やかな登りが終わると尾瀬お馴染みの木道が登場。森の中をめっちゃ元気な虫と蜂とトンボに顔中まとわりつけられながらひらすら歩いた。(最初は気になるけどしばらくすると全然気にならなくなってくるから凄い・・笑。)

f:id:slow-jam_04:20160810100223j:plain

f:id:slow-jam_04:20160810095715j:plain

1km強歩くとと最初のベンチが登場。向かい側から来られた老夫婦(仲良さそうだった。。)に「アヤメ平から見晴に行くんですよ~」ということを伝えると、「富士見小屋から直接見晴へ向かうルートは前日の雨のせいで地面がぐちゃぐちゃになって歩けたもんじゃないから、富士見小屋から竜宮に出るルートを利用して見晴に行った方が良いよ」というナイスすぎる情報をゲット。情報に感謝しさらに道を進め、しばらく歩くと一気に森を抜けて目の前の視界が一気に開けた。

f:id:slow-jam_04:20160810103155j:plain

f:id:slow-jam_04:20160810103234j:plain

f:id:slow-jam_04:20160810102905j:plain

うおおぉぉぉおおぉぉ来たぁあっぁぁぁぁっっ~~~!!!

と叫びましたよ。心の中で。突然一気に視界が開けたこともあって一気にモッていかれた感あったな、ここは。

 ここ(横田代)から中原山を経由してアヤメ平まで進む3km弱は尾瀬ヶ原とは違って所々傾斜や茂みに入る箇所もあるもののずっと視界が開けたこれぞ尾瀬というしかない景色が続くコースだった。また噂通り人通りが本当に少ないので尾瀬を贅沢にも独り占めしている感もあって尾瀬にこれから行こうと思っている方には是非お勧めしたいです。

f:id:slow-jam_04:20160810105037j:plain

f:id:slow-jam_04:20160810105847j:plain

f:id:slow-jam_04:20160810110231j:plain

↑こういう緩やかな傾斜は尾瀬ヶ原には無かったな。

f:id:slow-jam_04:20160810110634j:plain

f:id:slow-jam_04:20160810110947j:plain

アヤメ平から富士見小屋へ

アヤメ平から富士見小屋までは1キロの道のり。ここからは進行方向にわたって右側の展望が開けた道を歩くことになった。ここも圧巻の景観だったなぁ。ニヤニヤしながら歩いてた。

f:id:slow-jam_04:20160810112242j:plain

↓右側に目をやるとこんな景色が・・!

f:id:slow-jam_04:20160810112401j:plain

↓歩いてきた道を振り返ってみる。

f:id:slow-jam_04:20160810112701j:plain

景色に完全に満足、ガンギマリ状態で富士見小屋に着いた。時間はお昼すぎだった。トレッキング以外で今回の尾瀬で楽しみにしていたのは山小屋の食堂飯だったりするので、まずは富士見小屋の食堂でお手並み拝見と行こうじゃないか!と意気揚々に富士見小屋の玄関に向かったがどうも様子がおかしい。人の気配がない。というかそもそも小屋の周りにも人が全く一人いない。ん?もしかして?そういうことなの?ん?・・・と不安がよぎりまくる。。

結果こういうことでした↓

f:id:slow-jam_04:20160810113632j:plain

休業wwしかも年単位でwwwぶひーwwww(なんか前も同じことを書いたような気がするのは多分気のせい。。)

富士見小屋~尾瀬ヶ原

事前に尾瀬のことを調べ上げたつもりだったけどどうやら足りなかったようだ。。富士見小屋がやっていなければ先を急ぐのみ。先ほどお会いした老夫婦の助言通り、まずは富士見下から見晴ではなく竜宮を目指すことにした。昼飯が後回しになったのはショックだったけど、不思議と景色に圧倒されっぱなしで疲れは無かったのが救いだった。

富士見下から竜宮へは森の中の道をひたすら下ることになった。途中からは木道もなくなり意外と険しい道のりだった。(多分登りだったら結構キツいだろうな)

こういう感じ↓

f:id:slow-jam_04:20160810121324j:plain

下った道を振り返る

f:id:slow-jam_04:20160810122355j:plain

ひたすら森の中を下り続けると、とうとう尾瀬ヶ原が見えてきた。森を抜けて目の前に広がる広大な湿原。尾瀬に来てよかったと心の底から思えた瞬間だったな、あれは。

f:id:slow-jam_04:20160810125812j:plain

f:id:slow-jam_04:20160810130116j:plain

さらに歩くと山の鼻⇔竜宮、見晴を結ぶ尾瀬ヶ原のメインストリートと言うべき木道に合流した。もちろん竜宮小屋方面へ向かう。

奥に見えるのが竜宮小屋です。

f:id:slow-jam_04:20160810130457j:plain

竜宮小屋に着いたのが13:30ぐらいだったと思う。ここで昼飯を食っても良かったんだけど、ここまで来ちゃったら宿泊する山小屋がある見晴まで30分ぐらいで着くのでそのまま見晴に行こうということになった。

竜宮小屋から見晴への道はひたすら平坦な木道を歩く。マジで目の前に何も遮るものが無くて歩いていくと徐々に見晴の山小屋群と奥に見える燧ヶ岳が近いづいてくるのが分かった。それがとても面白く不思議な感覚だった。

f:id:slow-jam_04:20160810133052j:plain

f:id:slow-jam_04:20160810133742j:plain

f:id:slow-jam_04:20160810132211j:plain

f:id:slow-jam_04:20160810134000j:plain

 見晴と弥四郎小屋

今回の旅で宿泊する弥四郎小屋に着いたのは14時過ぎだった。この日は平日だったこともあってそこまで混んでおらず一人で個室に泊まれることになった。ラッキー。部屋に荷物を置いてまずは昼食。弥四郎小屋併設のカフェでお昼ご飯(カレー)と珈琲をいただいた。

f:id:slow-jam_04:20160810145722j:plain

山小屋で飲むコーヒーは最高!(カレー撮り忘れた)。

尾瀬の山小屋は他の山小屋とは違い設備が充実しておりどちらかと言えば民宿や旅館に近いと言った方が良いかもしれない。宿泊した弥四郎小屋も個室は広くて快適だしなんとお風呂まであった。石鹸やシャンプーは使用不可だけどトレッキング後の汗だらけの体にお風呂は最高すぎた。そしてお風呂後のビールがこれまた至高・・。

そんなこんなしているといつの間にか日が暮れだした。この日の夕方は少々雲が多かったけどそれでも尾瀬の山小屋から日が暮れていく様を眺めるのは楽しかった。

f:id:slow-jam_04:20160810180726j:plain

f:id:slow-jam_04:20160810185603j:plain

f:id:slow-jam_04:20160810190016j:plain

f:id:slow-jam_04:20160810191321j:plain

日が暮れた後は夜ご飯をいただき、何杯かビールを飲んで8時過ぎには眠りについた。2日目に続く・・。

 

尾瀬 2泊3日ダラダラ一人旅 (1日目:H28.8.10)

尾瀬 2泊3日ダラダラ一人旅 (2日目:H28.8.11) - クズ活日記

尾瀬 2泊3日ダラダラ一人旅 (3日目:H28.8.12) - クズ活日記